8月

過去の日記はコチラからどうぞ

トップページ


  


2019/8/19

こんばんは。宮崎です。
相変わらず暑いです。そして最近は天気も不安定です。
しかし、速いマシンを作るためには自然の猛威には負けてられません。

速いマシンを作るためには、1gでも軽くするとか、1mmでも重心を低くするなどといった工夫が必要です。
そう考えると、部品一つでもたくさん工夫する点があります。
どうすれば速いマシンになるかを常々考えて開発を進めていきます。(宮崎)





ペース上げていくぞ!!

  


2019/8/16

こんにちは、榎本です。

世間ではお盆休みですが、私達は毎日バリバリ活動中です。

ここ鳩山は最高気温ランキング、全国6位です。暑いです。

鳩山の暑さに負けず、心を熱くして夏休みを精一杯過ごしています。

ちなみに、自分は心が落ち込んでるときは、筋トレするようにしています。

さあ、この夏で、速いマシンと強い身体をつくるぜ!(榎本)





デスクワークの合間もドライバー訓練中

  


2019/8/16

こんにちは!小林迅です!

私は現在吸気システムの設計を行っております。
今まで知らなかったことや設計することで見えてくることが
多く日々勉強させていただいております。

話は変わりますが、ここ数日発電のための試験を行うために
エンジンダイナモによるテストが続いております。
しかし、道のりはやはり甘いものではなく、高負荷をエンジンにかけてテストを
行うこともあって、トラブルが起きたりすることもあります。
だがしかし、勝つためには必要であり、勉強させられることが多い
失敗でもあるので、素早くトラブルには対処し、速く良いものを作り上げます。





トラブル解決中

  


2019/8/15

こんにちは!小林和希です。

先日、自分は鈴鹿8耐に参戦してきました!
プロの現場でとても貴重な経験ができ、
夢工房や今後の活動にも活かせることを
たくさん見つけることができました。

最近は、台風の影響もあり、雨がとても激しいですが、
夢工房はそんな雨や暑さにも負けず、
毎日のように外でテントを設営して、エンジンダイナモで、
エンジン調整とACGの発電量テストをしています。

夏休みも半分終わろうとしているので、
この大事な期間に少しでも開発を進められるよう
全力で開発します!(小林和希)




タイミングライトでECU上とメカ的な上死点をあわせているところ。

  


2019/8/13

こんにちは!阿部です。
最近、CFRP積層の積層方法である「VaRTM積層」の試験を行いました。
初めて立体的な形状に積層したため、難しい工程やコツなど様々なことを学べました。

また、試験で樹脂の流れ方や積層の仕方など、実際の製品に活かせることも多く発見しました。
この試験を活かして、製品積層に役立てたいと思います。

梅雨があけ、夏晴れになる日が最近続いています。
この暑さに情熱の熱さをぶつけて、バリバリ開発します!(阿部)




真空引きしている様子

  


2019/8/12

こんにちは!4年の金子です!

猛暑日が続くこの夏も我ら夢工房はフル稼働です!

TDUracing電装パートの主担当として自分の仕事に責任と自覚を持ち,オーストラリア大会で優勝を成し遂げるために色々なことに挑戦しています.

授業のない貴重なこの夏休みを無駄にしないよう時間を有益に使いたいと思います!

暑さに負けないようこまめに水分補給もしつつ、
ゴリゴリ開発進めます!!(金子)




ACジェネレータの発電テストの様子

  


2019/8/8

こんにちは!東京電機大学の新垣です。

いよいよ梅雨も終わり本格的な夏になってきましたね。

現在開発も大詰めになってきてまいりました。
今回もマシンは新規開発の部品が非常に多くなっているので
マシンができるのが楽しみです。もっとゴリゴリ開発をやって
早くマシンを作って走らせます。(新垣)



開発に集中している岡本

  


2019/8/5

こんにちは岡本です。

いよいよVaRTM積層用のチャンバーの製作が始まりました!
明日には製作が完了し、後日テストを行う予定です。

現在自分が設計しているカーボンサスアームの製作にも使うため、
どのようなことをしたら良くなるのかテストを積み重ねていきます。
最初のテストでは何をするのかを明確にし、意味のあるテストにします。

3ヶ月ほど前に製作したテスト用のカーボンサスアームはうまく積層できなかったため、
そこでの反省をRF11の製作に活かしていきます。(岡本)







先日オープンキャンパスが行われました!

  


2019/8/3

こんにちは。2年の橘田です。最近は急に熱くなった気がします。

現在は実際のマシンの5分の1の大きさのモデルを作っています。
立体的なスケッチやイラストを描いたり、断面図を描くことは練習すれば可能になりますが、 2次元のものを3次元にすると印象が全く異なることがあります。 マシンのデザインもその一つで、立体物であるマシンのデザインは立体でしか評価できません。

数百枚のスケッチをもとに作ったデザインを立体に起こし、印象を確認しています。
いよいよ製作直前です。
この夏、マシン完成まで突っ走ります!!(橘田)







やっと完成した2Dスケッチ




TOP