p 日記




TOP
活動内容
メンバー
マシン紹介
スポンサー

日記




2022年の他の月の日記はコチラ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


他の年の日記はコチラ  

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2021年

 

  

 


2022/8/15

こんにちは!学部1年の吉井です。

現在、私は色々な製作をお手伝いさせて頂いています。

カーボンタイロッドの製作では端の接続部の六角を手作り出来ることにとても感動しました。

1/1000の精度で何かを製作するのは、より緊張します。

しかしその緊張を楽しんで出来ることが成長になると思いました。

一分を争う保温シリンダーのウレタンの積層においても物質の体積が増えてくるのは見ていてとても面白いと思いました。

そのようにどんどんと新しいことに挑戦し、緊張を楽しめるようになります!


フライス盤で製作した六角
  

 


2022/8/13

こんにちは!学部1年の中村です。

今日の鳩山は台風が近づいているせいか、風が強く外での作業も涼しくていいですね!

今私はカーボンファイバーで製作するため、ホイールカウルの型を作っています。

この工程は、後々の完成する物の大まかな形になっていくので、慎重に作業しています。

ですが期日も迫っているので、製作のスピードも重要となってきています。

そこを、上手くこなすのは、実際に手を動かして作業しないと掴めないことです。

入部して4ヶ月が経ちましたが、1から製作を行なったのは、入部して直ぐの硬化炉以来ですね。

その頃は、仲間たち一緒に考えたり、先輩にアドバイスを貰いながら進めていました。

今回は自分が主体となって設計や工程を考えたので、不十分なところもあり苦戦しています。

ですが、ここでの苦戦した事を無駄にせずこれらの、工程を見直して挽回していきます!


板同士を接着しています
  

 


2022/8/12

こんにちは!一年生の久保信一郎です。

現在RM07のメンバーはマシンの設計及び製作を進めている段階です。

私もオイルパン、燃料タンクBRKTの設計を進めていました。

しかし、どちらも時間がかかり過ぎてしまい、時間と価値が見合わないものとなってしまいました。

先輩、プロの設計スピードを追い越すには何を意識すべきなのだろう?

一つは行動に迷いがあることだと思う、失敗を恐れて考えてから行動に移すまでが遅くなってしまう。

そこからのアウトプットも早くなければならない。

その他には案やレイアウトを書く速さも劣っているのだろう、必要最低限で他人が見ても一瞬で理解できるものを短時間で書く。

そして、これらはチームのことをどれだけ考えられているかに因る。

今後、私はチームのことを考え、以上のことを意識して活動します!


景色に見とれる吉井
  

 


2022/8/11

こんにちは!学部1年の大山です。

先日、タイロッドの設計が完了し、現在は製作をしています。

自分がイメージしたものが少しずつ形になっていくことにとても感動しています。

今回、設計に時間がかかってしまったので、これからはもっとスピードを意識していきます!


ホイールカウルを製作する中村
  

 


2022/8/10

こんにちは!1年の梅沢です。

現在、10月の全国大会に加え、12月のオーストラリア大会にむけての準備が進められています。

自分はまだ覚悟を決められずにいて、先生や先輩に相談をさせてもらいました。

その中で気づいたことは、夢を叶えるには、やはり勇気を振り絞って逃げずに壁を乗り越えることが必要だということです。

普通の学生にはできないことをやらせてもらえているので、この環境を最大限活用し、理想の自分に近づけいていけるよう今後の活動に取り組みます!


早朝のTDU
  

 


2022/8/9

こんにちは学部1年の青木です!

私は現在、ドグクラッチを機械式から電子的に操作できないか考えています。

現在07についているドグクラッチはドライバーが操作しようとすると固くて、なかなかドグクラッチが抜けません。

よって、電子的にスイッチを用いて、ドライバーがもっと押しやすいようにするべく、電子的にスイッチングできるドグクラッチの開発をしています。

自分の中で考えすぎてしまっているので、もっとアウトプットを増やし、自分が今どういう状況なのかを把握しながら進めていきます!


ドグクラッチをどうしたいか
  

 


2022/8/8

こんにちは!3年の國府田です。

昨日、エンジンダイナモのハーネスの製作が終わり、動作テストを行いました。

エンジンがまだ載っていない状態ですが、設計通りに動作していたので良かったです。


今回のエンジンダイナモのハーネスを設計・製作するにあたって様々なことを学べました。

パーツリストの重要性だったり、段取りの大切さだったり・・・

なので学べたこと、気付いたことを見える形に残して次の設計・製作に生かしていきます!


完成したハーネス
  

 


2022/8/6

こんにちは!学部1年の中村です。

最近の鳩山は涼しい日々が続いています。

工房もエアコンをつけなくても快適に作業ができます!


ホイールカウルの製作で必要な材料の買い出し、準備が終わり今は、製作の工程を練っています。

今回は、ホイールカウルをカーボンで作ろうと考えています。

ですが、カーボンを扱うのは初めてなので、どのように作るのかもわかりませんでした。

先生や先輩に沢山教えていただきながら、良いものが作れるよう頑張ります。


マシンに部品を組み付けてるところ
  

 


2022/8/5

こんにちは!学部1年の吉井です。

先日の輪講で小平先生から、ありがとうの大きさが価値になる、というお話をして頂きました。

普段からありがとうを言う事は意識していましたが、最近では目を見てありがとうを伝えるように意識しています。

やはり心を込める上で一番伝わりやすと考えています。

それと同時にものに対しても一瞬だけ見つめるようにして、自分のイメージをほんの少しだけ考えてみることも意識しています。

ありがとうの輪を広げて仲間たちと頑張ります!


昼休み中の一時
  

 


2022/8/4

こんにちは!学部1年の久保信一郎です。

既にRM07のエンジンダイナモを回し始めていなければならない時期なのですが、遅れてしまっています!

ここから挽回出来るように自分がチームの為に何が出来るのかを考えて助け合います!

助け合うという行為には常に目配り、気配り、心配りが関わってきます。

これは数日前のことなのですが、先輩方がF.SAEのエンジンダイナモを猛暑の中回していた時に、1年の大山君が「先輩にスポドリを差し入れしよう」と私に協力を求めてきたのです。

その後私と大山君で差し入れをしたところ、先輩方も喜んでいらっしゃったようでした。

大山君の心配りには関心させられました。

今後、夢工房の雰囲気をさらに良くするためにも彼の心配りを見習います。


ブレーキの説明を受ける久保
  

 


2022/8/3

こんにちは!学部1年の大山です。

最近、暑い日が続いていて、全国で7月25〜31日に熱中症で7116人が救急搬送されたそうです。

まだまだ暑い日が続くので、皆さん熱中症には気をつけましょう!


さて、最近私は、作業スピードを上げることを意識しています。

スピードを上げるためには、自分のやるべきことを明確にする必要があり、また、スピードを意識することでモチベーションも上げることができるなと感じました。

これからもスピードを意識して最高のマシンを作り、この夏休みを充実したものにします!


エンジンを整備する吉井
  

 


2022/8/2

こんにちは!1年の梅沢です。

私は保温シリンダーの製作を行なっています。

現在は、エンジンテンプセンサーを取り付けるための治具に使うスペーサーを作る段階に入っています。

初めて鍋CADを使い寸法を出しましたが、いつの間にか視野が狭くなり、周辺機器との関連性を考慮せずに進めていました。

全体を見てみると、簡単にわかることでも視野が狭くなることによって、変に難しく考えてしまっていたことに気づきました。

これからは、常に根底にあるものを見失わないように、考えていけるよう気をつけて取り組んでいきます!


ダイナモ始動へ準備
  


2022/8/1

こんにちは!学部1年の青木です。

最近は暑く、学校に来るだけでも汗で服がびっしょりになってしまいます。


現在、私は車体ハーネスの設計を行なっています。

空気抵抗が少ない走り方を考えているのですが、どうしても小さいところから考えようとして、目的から外れてしまう時があります。

そうなってくると自分が何のためにこれをやっているかが分からなくなってしまうので、一回自分が立てた大きな目標に戻って見て、自分が何をしたいかを明確にする。

そして、その明確になったことをチームにアウトプットするということが大切なんだということを実感しています。

小さいところから始めるのではなく、「まず、大きな目標をたててから細かいところに派生していく、また、それをチームにアウトプットする」ということを、これからも続けていきます。


チームで考える!




   他の年の日記はコチラ  

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2021年


BACK

All Rights Reserved/Super Mileage Project

無題ドキュメント